INDIGO

INDIGO BLUE

インディゴブルー

 

 

 「ヘナブラウン」の使用で、茜色に染まった白髪を、黒髪にすることができます。

 

ヘナの茜色に、インディゴの藍色を重ねると、人毛は黒く発色させることができます。

 

インディゴのパック時間で、ブラウンカラーからブラックカラーまでの髪色を調節することができます。

 

 

付属品

ハケブラシ、ケープ、イヤーキャップ、ヘアーキャップ、コットン、手袋、取扱い説明書

 

【全成分】ナンバンアイ葉100%

 

 

 

ご使用のポイント

インディゴは髪に塗布してからのパック時間で濃さが変ります。

長く置くほど、髪色を黒くすることができます。

黒く染まってしまった髪は、自然に退色するまで元に戻りませんので、髪色を明るめにしたい方はパック時間を短めにします。

 

洗髪後の髪色は、1~2日をかけて徐々に黒くなってきます。

「もう少し黒くしたい」場合は、インディゴだけを追い塗りして黒くすることができます。

  

インディゴ ブルー|パッションインディゴ BLUE

 

 

 

2018年収穫リーフ使用×オーガニック農法|無添加・成分試験合格品|男性ショートヘアー1回分

¥1,870

この製品を購入する

成分表示名=ナンバンアイ葉

学術名=Indigofera tinctoria Linn.

英語の名前=Dyer`s Indigo 

古来より使用されている天然染料のインディゴは、マメ科の藍では、コマツナギの仲間で、ナンバンアイ(Indigofera tinctoria ―インディゴフェラ・チンクトリア)といわれるもので、藍の植物の中でも特にインディカンの含有率が高い種類である。紀元前から、インディゴ染色の中心地はインドであったとされ、また、インディゴの世界で最も古くから使われたとしているのは、4000年前のエジプトのミイラの帯を染めでいるという。グレコ・ローマン期(紀元前3世紀~紀元3世紀)以降のヨーロッパの国々では主にインドからのインディゴを取り扱っていた。インディゴを介したインドとギリシャの交流は、この染料を意味するギリシャ語 indikon(インディコン) を元にして、ロ

ーマ人はイタリア語での語源となった indicum (インディカム)になり、これが英語のindigo(インディゴ) となった。 

ナンバンアイ(インディゴフェラ)の生葉を粉末にして使用する染色は、インディゴ(染料)を発酵させ、一旦、インディゴの前駆体であるインディカンに還元して、水溶性にしてから、染色を行うわけである。前駆体とは、生成物の前の段階にある物質のことである。そのインディカンは、酵素の働きで加水分解してグルコースとインドキシルになる。そのインドキシルは、空気中の酸素と反応して緩やかに酸化すると、インドキシルはインディゴに変換され、色の青いインディゴ染料を産出する。インディカンは不安定な存在であり、1時間もすると不水溶性のインディゴに変化してしまい、染色には使用できなくなる。→ 人によってはこの成分が痒みを起こす原因物質として反応する。

 

我々の体内の必須アミノ酸の1つであるトリプトファンは、腸管内において腸内細菌によりインドールに分解される。インドールは腸管から吸収されるが体内では有害であるため、肝臓で硫酸抱合後、無害なインディカンに代謝され、最終的には尿中(正常値で約0.2nm)に排泄され青色を発色することがあるとして臨床報告されている。しかしながら、人によっては特有の抗体反応を持っていることがあり、インディゴがその抗原になり、違和反応を示すことに対しては否定できない。

 

文責:㈱ピースマイライフ 品質管理部

 

参考文献:

ChemNet(化学危険物質の情報と販売会社の中国の公的情報機関)

http://www.chemnet.com/hot-product/Indigo.html 

Complete Indigo information from Drugs.com(FDA)

http://www.drugs.com/npp/indigo.html

Indican(インディカン)

http://en.wikipedia.org/wiki/Indican

藍に親しみ藍を楽しむ

http://www.green.pref.tokushima.jp/nogyo/onlbook/indigo/indigo-

top.htm

藍について

http://www/mukogawa-u.ac.jp/~ushida/aizome.htm

藍の生葉染め

http://www005.upp.so-net.ne.jp/fumoto/linkp18.htm

臨床泌尿器科(ISSN:03852393、eISSN:18821332)61巻4号(2007.04)

P.63-65(ISID:1413101094)

http://medicalfinder.jp/ejournal/1413101094.html 

 

 

ご注意※

下記の内容は、古典アーユルヴェーダ文献に記された内容を引用しております。これらは当社製品の薬効や効能を表現するものではありません。

 

 

インド医療において、インディゴは髪の発達を促進させる定評のある薬であり、また有害な疾患の良い治療薬であり、抗毒性の特質は毒性の影響を緩和させる。また腹部の増大(腹水症)、過度の排尿、脾臓の腫れ、めまい、痛風などを癒す。同じく抗結核性の性質を有すると伝えられている。

インディゴが含まれる多くの薬用植物が、ヘビ咬傷の治療に使われている。インディゴは、予防性、解毒性、治療的な効果も持つ。カイアス(Caius)とマースカー(Mhaskar)が「インドの医学研究論文No.19,1931年1月ー犬に対し広範囲の薬理、毒物調査」にて実行した。この研究者の意見では、予防、解毒、あるいは治療効果を持つとのことである。

 

インディゴは18種類の毒と戦うことができると、インドの詩人アガティール(Agathiar)のタミール語の詩にある。

インドでは、インディゴは病気の治療に用いられる:喘息、動悸、狂犬病、腎臓疾患、肺疾患、百日咳、膀胱結石、癲癇、口腔潰瘍、口唇の蒼白、疥癬、潰瘍症、気管支炎、神経障害。

 

(植物の外見):

垂直の灌木、茎と枝葉は明るい緑、そして赤くなる。花は小さくバラ

色。葉、根、植物全体が、薬用として使われる。 

英語名ーDyer's Indigo

植物学名ーIndigoferaTinctoria

和名ー(タイワンコマツナギ)

科ーPaplionaceae(マメ科) 

インディゴは髪の発達を促進させるハーブ。